2010年03月12日

カセットデッキ

今更ながらに、まともなカセットデッキゲット。

今更カセットテープをプライベートで使うこともなく、店の備品としても特に必要はないのですが、音響仕事でカセットデッキが手元に欲しいと思うことがちょこちょこあります。特定用途ではまだまだカセットテープも現役なんですよね。
今回のブツはYAMAHAの古い高級ダブルデッキ「KX-T900」。不具合もなくなかなかの上物が安く手に入りました。

こいつは、よくあるただのダブルデッキとは違い、完全に独立した2台のデッキが一つの筐体におさめられているもので、操作系はもちろん、音声もそれぞれ独立出力仕様。デッキが2台あるのとまったく同じように使え、とても便利。完全独立ダブル機はめずらしく、他にはTascam 322をホールの備品なんかで見かけます。

手の届く範囲はざっとクリーニングしたので、あとは暇な時にベルトや内部メカの点検をしよう。

しかし、なんというか、カセットメカのガチャ音や、ヒスノイズ、なんとなく野太い音質は、思春期の頃を少し思い出されていいもんです。
あと、MDやCDみたいに「DISC ERROR」等と冷たい事をデッキ様に言われてまったく再生できないとか、予期せぬ音とびとかせずに、致命的な故障さえなければ、とにかく、たとえベロベロでも音は出ますからある意味信頼性は一番かもしれません。
再生チェックする時間の取れない仕事の時に、100均のMDやら謎のCDR(しかも傷や指紋だらけだったり・・・)やらを、持ち込みされると結構ガクブルなんです。
posted by Studio-Neko at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36284003

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ スタジオ・ライブハウスへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ スタジオ・ライブハウスへ